無能の人

A virtuous woman is a crown to her husbandということについて
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
KEDACO IS BORN
評価:
LITTLE TEMPO
カッティング・エッジ
¥ 1,500
(2001-05-16)
Little Tempoはダブバンド
ほとんどの曲はインストで(たまにゲストボーカルを迎える)、スティールパンの音が耳に心地良いのです。

学生時代の"夏といえばコレ"みたいな一枚でとにかくよく聞いた。
部屋でも外でも。
何よりLittle Tempoをはじめて知ったアルバムなので、思い出深い。
| 音楽 | 08:54 | comments(10) | trackbacks(128) |
Waltz for Debby
評価:
Bill Evans
Original Jazz Classics
¥ 1,008
(1990-10-17)
言わずと知れた名盤
1960年代の始め、エヴァンスはドラマーにポール・モチアンとベーシストにスコット・ラファロを迎え、ピアノトリオを結成した。
このトリオのインタープレイには定評があり、とにかくさらっと聴けるわりに奥が相当深い。
三人が好き勝手やっているようでいて、お互いに干渉しあって好循環を生んでいる、という理想的な三人組です。
かなり安価で手に入るのもまたよい。
| 音楽 | 00:00 | comments(0) | - |
BILL EVANS & JIM HALL/UNDERCURRENT
早速、最近よく聴く一枚のCDを紹介します。
BILL EVANS & JIM HALL/UNDERCURRENT

Bill Evansはピアニスト、Jim Hallはギタリスト
二人が二つの楽器で交錯する絶妙な音楽。

とにかく美しくて、じっくり聴くとうっとりしてしまうような感じなんですが、BGMとしても最適で、耳あたりがよくて疲れないので、夜とか本を読みながら聴いていることが多いです。
| 音楽 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

1/1pages


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
すきなもの
フォトフレーム
bookmark
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS